KARADA NESS

からだをフィットネス

秋太りを解消しよう!お腹周りに効くヨガポーズ3選

秋は太りやすい時期。


美味しい食べ物が旬を迎えるため「食欲の秋」ともいわれ、つい食べ過ぎてしまう方が多いです。


また、夏の間暑さが原因で食欲がなくなっていた方も、秋になると過ごしやすい気候に変わり、食欲が一気に戻るため太りやすくなります。


さらに、気温が下がったことで薄着から厚着にかわるため、体形を気にしなくなる方が多いのも原因のひとつ。


しかし、秋は気温低下により基礎代謝が上がり、実は夏より痩せやすい季節でもあります。


寒すぎず暑すぎないので、運動しやすい時期でもあり、ダイエットには最適の季節!


季節が秋にかわり最近太ってしまったという方は、これを機にエクササイズを始めてみてはいかがでしょうか?


特にヨガは空いた時間に簡単にできるポーズが多いうえに、女性が最も気になるお腹周りに効果的なポーズが多いのでおすすめです。


そこで、今回は秋太りを解消するために、お腹周りに効くヨガのポーズを3選ご紹介していきます。

1、立位の半月のポーズ

身体を横に倒しながら大きく伸びる「立位の半月ポーズ」。


このポーズでは、普段の生活ではなかなか伸ばす機会のない脇腹が伸びるため、お腹の引き締めに抜群!


毎日続ければ、くびれが手に入る日もそう遠くはありません。


また、脇肉の老廃物も下に流してくれるポーズであるため、二の腕痩せや背中痩せにも効果的。


ポーズをとる際は、身体の筋肉が伸びるのを感じながら、腹式呼吸に合わせてゆっくり身体を横に倒していきましょう。


このポーズを体感してみると、身体のあらゆる筋肉が伸びるので、心地よさを感じることができます。


疲労効果やリラックス効果も高いポーズなので、最近ストレスや疲れが溜まってきているなという方にぜひ始めてほしいポーズでもあります。


立位の半月のポーズは、立ったまま簡単にできるポーズであるため、朝晩はもちろん、仕事の休憩中やランチ前に行っても◎

2、仰向けのねじりのポーズ

ねじる系のポーズは、お腹周りに効果抜群。


特に「仰向けねじりのポーズ」は、身体をひねることで、ウエスト周りの筋肉を刺激するので、ウエストのスリムアップを叶えてくれます。


夏が終わるとウエスト周りを気にしなくなる方が増えるのですが、そんな時期だからこそ特に気を付けたいところ。


また、仰向けのねじりのポーズは腰痛緩和にも効果があり、腰を痛めている方にも試してほしいポーズです。


身体をひねることで、痛みが緩和され、気持ちよさを感じることができますよ。


寝ながら簡単にとれるポーズのため、夜疲れている時は、ベッドの上で寝ながらポーズをとってみるのもあり。


逆に横になって寝ながらポーズをとれない環境にある場合は、椅子に座ったまま身体を左右にひねっても◎


ヨガをする時間がないという方は、オフィスなどで椅子に座ったままポーズをとってみましょう。

3、ねじった椅子のポーズ

「ねじった椅子のポーズ」は、椅子のポーズにねじりを加えたもの。


空気椅子にツイストを加えると、始めはきつく感じる方がほとんどですが、ゆっくり時間をかけてポーズに慣れていくことが大切。


体幹を使ってポーズを維持しながら上半身をひねるので、あなたが想像している以上に、お腹の筋肉を使います。


お腹の筋肉が伸びていることを意識しながらポーズをとるとより効果的。

また中腰でポーズをとることで、太ももの引き締め効果も高まるので、太ももを同時に鍛えられて一石二鳥!


秋は気温が下がることで、デニムやスキニーなどのパンツスタイルを取り入れる方が増えるので、ねじった椅子のポーズで脚痩せも目指したいところ。


上記でご紹介した仰向けのねじりのポーズにも共通していえることなのですが、ねじりのポーズは内臓を動かすので代謝がアップし、痩せ体質へと変わることができます。


また、内臓が活性化され便秘解消にも効果的◎


そのため、秋太りをした方も、秋太りに備えたいという方にもパーフェクトなポーズなのです。

4、ヨガで秋太りを解消しよう!

今回は秋太りを解消するために、お腹周りに効くヨガポーズを3選ご紹介しました。


太りやすく、痩せやすい季節、秋。


そんな時期だからこそ、ヨガを日々の生活に取り入れて、お腹周りに加えて身体全体を鍛えてみてはいかがでしょうか?


ヨガで秋太りを解消してキレイなボディを目指しましょう!