KARADA NESS

からだをフィットネス

新型コロナ対策!自宅ヨガを始めるための 5つのすすめ

新型コロナウイルスの影響で、ヨガスタジオやジムの休業が続出し、いつものようにヨガレッスンを受けることができず、うずうずしている方が多い今日この頃。


外出を控える方が増えているので、運動不足に陥っている方も増えています。
そのような中、自宅でヨガを始めてみてはいかがでしょうか?


ヨガは室内でできるうえに、準備するものも少ないので、気軽に始められるエクササイズとしておすすめです。


そこで、今回は自宅ヨガを始めるための5つのすすめをご紹介していきます。

1、 ヨガマットを用意しよう

自宅ヨガを始めるにあたって、絶対に必要なものが「ヨガマット」。


基本的にヨガスタジオやジムでヨガを行っている方は、自宅にヨガマットがないという方もいます。


しかし、自宅でヨガを始めるのであれば、ヨガマットを購入することをおすすめします。


というのも、フローリングやカーペット、畳のうえなどでヨガマット無しでヨガを行うと、怪我の原因になるからです。


そもそもヨガマットには、クッション性があり、滑り止めもついているため、より快適に、安全にヨガを楽しむことができるのです。


ポーズをとった際に、手足元が落ち着かないと、ポーズに集中できませんし、ヨガの効果も半減してしまいます。


安全性や快適性を考慮したうえで、ヨガマットは必須アイテムなのです。

2、動画に合わせてポーズを練習しよう

インストラクターなしの自宅ヨガにおいて、「動画」を見ながらヨガをすすめることはヨガ上達への近道であります。


最近では、You tube やAmazon プライムなどから簡単にヨガの動画を検索できるので、自分好みのレッスン内容を見つけて、動画に合わせてヨガを始めてみてはいかがでしょうか?


自宅にて自分一人でヨガをするよりは、動画に合わせることでモチベーションが上がりますし、ヨガスタジオやジムでヨガレッスンを受けているような雰囲気を楽しむことができます。


また、間違ったポーズを習得することを防いでくれますし、何よりヨガの効果が上がりやすいですよ。

3、腹式呼吸を意識しよう

自宅にて一人でヨガをする際に、つい忘れてしまうのが「腹式呼吸」。


初心者さんの間で非常に多いのが、ポーズをとることに気をとられてしまい、腹式呼吸をすっかり忘れてしまうこと。


ヨガを行う目的は人それぞれですが、ヨガの効果をより最大限に得たいのであれば腹式呼吸は必須。


腹式呼吸を行うことで、より高いリラックス効果を得られたり、代謝が上がりダイエット効果も高まります。


また、どうしても時間がない時や体調がいまひとつの時は、ヨガの一環として腹式呼吸だけ行うのも効果的ですよ!

4、決まった時間に行う

自宅ヨガ初心者さんが陥りやすいのが、3日坊主。


ヨガスタジオでのレッスンのように、自宅で行うヨガはスケジュール化されていないので、ついさぼりがち。


そこで、「毎日決まった時間に自宅ヨガを行う」ことで、自宅ヨガを習慣化させることをおすすめします。


例えば、朝起きてから出勤までの間、10分程度の時間を作ってヨガをしてみてはいかがでしょうか?


もしくは、就寝前にヨガをする、土日は日中に長めのヨガをするなど、決まった時間にヨガを行うと継続しやすくなります。


自分の中で、この曜日や時間帯は絶対にヨガをするといったルールを決めておくといいですよ。

5、毎日継続しよう

ヨガは何より、「毎日継続する」ことが大切です。


自宅ヨガを始める方は、上記でご紹介した通り、毎日決まった時間に行い、継続する


というのも、ヨガは週に1回 1時間だけヨガをするよりも、1日10分だけでも毎日継続した方が効果を得られるのです。


ヨガスタジオに通っていれば、レッスンの予約やレッスン費の都合で、必ず予定通り行くという方がほとんどですが、いざ自宅でヨガをするとなると、毎日継続するのが難しくなります。


しかし、上記でご紹介した通り、毎日決まった時間にヨガを行うことで、より継続しやすくなり、朝歯磨きをしないとすっきりしないように、朝ヨガをしないと落ち着かないといった状態になりますよ。

6、さあ、自宅ヨガを始めよう!

いかがでしたでしょうか?


今回は、新型コロナ対策として自宅ヨガを始めるための 5つのすすめをご紹介しました。


新型コロナウィルスの影響で、ヨガスタジオや集団でヨガをするのが難しい状況だからこそ、自宅ヨガを始めてみてはいかがでしょうか?


上記でご紹介したヨガのすすめに基づき、継続してヨガを行えば、ヨガスタジオと同じように効果を得られますよ!


ぜひ試してみて下さいね。