KARADA NESS

からだをフィットネス

ストレッチ&筋膜リリースにおすすめのアイテム5つ

ウォーミングアップやクールダウンによく使われる様々なアイテム。


ストレッチやマッサージ、筋膜リリースなど、目的に合わせて使うことで効果がUPします。


また、肩や背中など、手の届きにくい部分にもアプローチでき、自分の力ではかけられない負荷強度を加えることも可能です。


ジムへ行った翌日の疲れ、オフィスワークによる慢性的な痛みやコリにも効果的!


上手にアイテムを活用して、疲れしらずの身体になりましょう!


それでは、目的と効果、使い方別に、おすすめのアイテムを5つ紹介していきます。

ストレッチポール

筒状になっており、上に寝転がるだけでリラックス効果が得られるストレッチポール。


ポールの上に仰向けに寝ると、肋骨(あばら)が広がり胸も開きます。


自然にポールが背骨のラインに当たるので、その状態で身体を左右に揺らすと、背中や肩甲骨の筋肉がほぐれます。


私たちの背骨は自然なS字のカーブを描いていますが、猫背や反り腰、スマホの使いすぎによるストレートネックになると、カーブが崩れて肩こり、腰痛などが起こります。


肩甲骨を開くことで猫背やストレートネックが解消され、背中が浮かないようにお腹をしめることで、骨盤を安定させることができます。


さらに、仰向けの状態で手足に動きを加えると、股関節のストレッチや腸腰筋のトレーニングも可能。


選ぶときは、自分の肩甲骨の隙間に合った筒のサイズ、程よい硬さのものを選びましょう。


様々な使い方ができるので、自宅にひとつあると便利なアイテムです。

フォームローラー

フォームローラは、ストレッチポール同様円柱状になっていますが、サイズがコンパクトで表面に凸凹があるところが特徴。


背中や腰回り、腕、脚など様々な部分に使用可能で、主に筋膜リリース(骨や関節に繋がる筋肉を覆っている膜”筋膜”を解きほぐすこと)を行うために使われます。


筋肉は正しい活動ができていないと、筋膜がかたまり「コリ」の原因に。


フォームローラーは、コリの気になる部分に当てて、自分の体重で圧をかけながらゆっくり転がします。


そうすることで、筋膜や筋肉が柔らかくなり血流が改善。疲労物質の蓄積を防ぎます。


フォームローラーは商品によって、硬さや凸凹の形状が異なります。


硬くて突起が鋭いほど刺激が強くなり、柔らかく突起が緩やかなものほど刺激が弱くなります。


自分の筋肉量や筋肉の硬さに合うものを選ぶとよいでしょう。

(インスタグラム引用)

フォームローラー・スティック

フォームローラーにはスティックタイプもあります。


自分の体重をかけて使用する円柱タイプに対して、スティックタイプは両手または片手でグリップを持って使用します。


自分の手加減で圧を調整できるのがよいところ。


また、円柱タイプでは届かない僧帽筋(首、肩、背骨をつなぐ筋肉)の上部にも、片手で使用するとアプローチできます。


コンパクトなサイズなので、ジムや旅行先へも手軽に持ち運べます。


円柱タイプとセットで販売されていることが多いので、シーンや目的に合わせて使い分けましょう!


コロコロと優しくマッサージしたい人は、小さなローラーが9つほどついているものを、指圧のような刺激や部分別に圧力を変えたい人は、2種類の突起が組み合わさっているものがおすすめ。

(インスタグラム引用)

マッサージボール

マッサージボールは、身体の1部分を集中的に刺激できます。


ボールタイプ、トゲや突起のあるタイプ、2つのボールが繋がっているタイプなど多種多様です。


どんな場合に使うことができるのか、タイプ別に見ていきましょう!

・ボールタイプ…力加減が調整しやすく、全身に使用できます。
ふくらはぎや腰回り、太ももなど平面的な部分に適しています。
テニスボールで代用も可能。


・トゲや突起のあるタイプ…より強い刺激を与えることができます。
皮膚の硬い足裏に適しています。
肩や腰回りにも使用できますが、痛みが出る場合はかける力を弱めましょう。


・2つのボールが繋がっているタイプ…同時に2箇所をマッサージできます。
首や背中など、左右対称であり縦方向に動かせる部分に適しています。


さらに、それぞれタイプの中でも、サイズや突起の形状は様々な種類があります。


最初は、どんな部分にもフィットする直径6cmほどのボールタイプがおすすめ。


広い筋肉には円が大きめのものを、強い刺激が欲しい場合は突起のあるタイプを選びましょう。

(インスタグラム引用)

トレーニングチューブ

トレーニングチューブは、ゴムの伸縮を利用し負荷を加えて筋肉トレーニングができるアイテムです。


腹筋や背筋を始め、腕、脚など幅広い部分のトレーニングに使用できます。


チューブタイプ、バンドタイプ、グリップタイプ、リングタイプがあるので、それぞれの特徴を見ていきましょう。


・チューブタイプ…ホース状になっていて、切ったり結んだりすることで長さの調節が可能。
チューブを重ねて使用すると、強度が高まります。


・バンドタイプ…一番人気のあるタイプで、薄いバンド状になっています。
強度の異なるものを数本組み合わせて購入できる場合が多いです。
チューブタイプより安定性がありますが、耐久性は劣ります。


・グリップタイプ…グリップがついて持ちやすさ、力の入れやすさが特徴です。チューブタイプやバンドタイプに比べて、初めての方にも使いやすいです。


・リングタイプ…グリップタイプとチューブタイプが一体になっているものです。


サイズが固定されているので、使い方がシンプルです。


グリップに滑り止めハンドルがついているものあります。


トレーニングに慣れている人は、チューブタイプやバンドタイプがおすすめ。


ヨガやピラティスの動きと組み合わせるとより効果的です!


グリップタイプやリングタイプは、自宅でTVを見ながらや、仕事の合間にも気軽に使用できます。

この投稿をInstagramで見る

上向き小尻メイクを加速するチューブトレーニング✨あるとないとじゃ負荷のかかり方が大違いなので是非ゲットして挑戦してみてください😉💕 . 《チューブ選びのポイント》 チューブの選び方は個人によりますが、#エクササイズバンド 初心者さんは各メーカーの「普通の強度よりひとつ下」ぐらいがおすすめです。 . 今回使用したトレーニングチューブは、5段階中の下から2番目の弱め強度を使用。 「トレーニングチューブ」や「トレーニングバンド」で検索してみてください😉 . . —————————— 運動の効果:お尻の引き締め 運動の回数:①片側10回×2セット ②片側10回×2セット —————————— . 《 ✨ ポ イ ン ト ! ✨》 チューブの選び方は個人によりますが初心者は普通より少し弱めぐらいがオススメ✨ . 🌟 使用アイテム:トップス(adidas by Stella McCartney)、ボトムス(adidas by Stella McCartney)、レギンス(GU)、 💎 監修 : 平良エレア(@erea0301)〈ミスユニバース沖縄グランプリ〉 . ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ ❤️SHEPLI姉妹アカウントもフォローお願いします❤️ . ♦︎キレイ痩せ美ボディご飯、リアルなボディメイクお役立情報を配信するブログ @shepli.henshucho . . 🛒 ルームウエアとしても大人可愛いフィットネスウェア、健康/美容雑貨の通販ショップ『SHEPLI MALL』 @shepli_shopping . ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ . ※運動の効果については個人差があります。 ※病気、けが等がある方は無理をしないようご注意ください。 ※運動により痛みが生じた場合は直ちに中止し、必要に応じて医師等にご相談ください。 . . _______________________________________________________ #トレーニングチューブ #ゴムチューブ#チューブトレーニング #脚やせ #トレーニング動画 #エクササイズ #ワークアウト #ダイエット #筋トレ #尻トレ #ヒップアップトレーニング #お尻トレーニング #太もも痩せ #太ももの引き締め #太もも引き締め #下半身痩せ #尻トレ #大臀筋 #ハムストリング #チューブトレーニング #フィットネスチューブ #インスタダイエット #痩せたい #ダイエッター #ダイエット生活 #ヒップアップ #ヒップリフト

SHEPLI シェプリ 毎日1分フィットネス(@shepli_official)がシェアした投稿 –

(インスタグラム引用)