KARADA NESS

からだをフィットネス

春におすすめ!デトックス効果の高いヨガポーズ3選

4月に入り日に日に暖かくなってきている今日この頃。最近あなたの身体の調子はいかがでしょうか?


気温が上がり、日が長くなると、冬の間停滞していたエネルギーが回復し、人の身体も新陳代謝が活発になります。


そう、春はデトックスに最適な季節なのです!


そのよう中、ヨガには代謝を上げたり内臓機能高める効果があるため、これらの効果を高く得られるポーズを行えば、よりデトックス効果が上がります!


そこで、今回はデトックス効果の高いヨガのポーズを厳選して3つご紹介していきます。

1、デトックスとは?

「デトックスってよく聞くけど具体的に何?」と疑問に感じている方が意外にも多いです。


デトックスとは簡単に言うと、「身体の中に蓄積された毒や老廃物を身体の外に出すこと」です。



私たちは日々の生活の中で、食品に含まれた添加物や缶のアルミ、また空気中に含まれた汚染物質を知らず知らずのうちに、身体の中に取り込んでしまっているのです。


身体の中の毒素をため込んだままでいると、腸内環境や代謝の悪化から、便秘・疲労・むくみ・肩こり・冷え・ストレスなど身体へのマイナス影響は計り知れません。


さらに、毒素や老廃物は、肌トラブルや太りやすい、セルライトができたなどの原因にもなり、美容に大敵!


しかし、身体全体を大きく動かすヨガのポーズを取り入れることで、血管やリンパの流れが改善され、毒素や老廃物が便や尿、汗などによって体の外に排出されます。


つまり、ヨガを通して健康でキレイな身体を取り戻すことができるのです。


そこで、下記にてデトックス効果の高いヨガポーズを3つご紹介していきます。

2、デトックス効果の高いヨガポーズ3選

(1)英雄のポーズ

内臓に刺激を与え合てくれる英雄のポーズは、春のデトックスを代表するポーズのひとつで、戦士のポーズとも呼ばれています。


英雄のポーズは、体幹を使ったパワフルなポーズが特徴的で、大きな動きを伴うため、内臓を刺激し、肩や背中のこり、身体のむくみや便秘を解消してくれます。


ポーズをとりながら、呼吸が深まることで全身に酸素がいきわたり、血流を促進し、代謝を上げてくれます◎ 疲れや冷え性、ストレスの改善にも効果的!


春以外にも、「最近食べ過ぎたな」や「便秘がひどい・・・」という時にぜひ取り入れてほしいポーズのひとつです。


英雄のポーズは、実は難易度に合わせて3つバリエーションがあります。


一見難しそうに見えますが、英雄のポーズⅠからポイントを押さえて練習すれば、着実にレベルアップできますよ。


英雄になりきった気持ちで、力強くポーズを行ってみることがデトックスへの近道ですよ!

(2)ねじった三日月のポーズ

身体をねじることで老廃物の排出を促進してくれる「ねじった三日月のポーズ」。


ダイナミックな動きが特徴的な三日月のポーズは、凝り固まった背中や肩、骨盤周りをほぐすのに最適。


また、身体の各パーツを大きく動かしたりねじることで、全身の血流がよくなり、身体の中に蓄積された老廃物や毒素が排出されやすくなります。


また、ダイナミックな動きが伴うため、全身の引き締め効果も期待できますよ◎


ねじった三日月のポーズをとる際は、肩に力を入れないよう注意し、できるだけリラックスさせましょう。


ねじってキープする時に、余裕があれば腹式呼吸を意識して下さい。


よりデトックス効果が高まりますよ。


ヨガ初心者の方にとっては少し難易度が高いですが、毎日継続して練習することで、身体も馴染んでいきます。


三日月のポーズで、冬にため込んだ毒素や老廃物を排出し、すっきりボディを目指してみてはいかがでしょうか?

(3)弓のポーズ

高い呼吸改善が期待できる弓のポーズ。


呼吸が改善されることで、体内に酸素が循環し、老廃物を外に排出してくれる働きを促します。


弓のポーズは、腕や肩甲骨、背中、胸だけでなくお腹を伸ばす動きもあるため、まさに全身運動。


また、背中をしっかり反らせて、胸を大きく開くことで、呼吸が深まります。


全身に酸素がいきわたれば、心も身体も、そして頭もすっきりしますよ。


最初はきつく感じる方が多いポーズですが、練習を重ねれば徐々にポーズがとりやすくなり、心地よさを感じることができますよ。

3、心も身体もスッキリしよう!

今回は春におすすめのデトックス効果の高いヨガポーズを3つご紹介しました。


ご紹介した通りデトックスは健康にも美容にも良く、毒素や老廃物が体外に排出されれば、身体が軽くなり、ストレスも解消されますよ。


上記でご紹介したポーズを毎日行うことで、冬にため込んだ毒素や老廃物を排出して、心も身体もすっきりしてはいかがでしょうか?