KARADA NESS

からだをフィットネス

ヨガの効果を最大限に得るための食事とは?5つのポイントをご紹介!

ヨガをするうえで食事に気を遣うことはとても大切なこと。

ヨガはそもそもポーズをとるだけではなく、呼吸や瞑想、さらに食事にもフォーカスして心身のバランスを整えることが目的であります。
食事もヨガの一部であるのです。

そのため、ヨガ前後の食事内容を気にせず、自由気ままな食事をとってしまうと、せっかくヨガをしてもその効果を十分に得ることができません。

そこで今回は、ヨガの効果を最大限に得るための食事のポイントについてご紹介していきます。

1、ヨガ前後の食事は避けよう

あなたはヨガをする際に、ヨガ前後の食事をどのようなタイミングでとっていますか?
ヨガの効果を最大限に得たいのであれば、基本的にヨガ前後の2~3時間は食事を避けることをおすすめします。

ヨガは身体を大きく動かしたり、ポーズによっては内臓を圧迫するものもあります。

そのため、ヨガの前に食事をとってしまうと、腹痛や消化不良をおこしたり、気分が悪くなってしまうことがあります。
このような事態を避けるためにも、ヨガを始める時には食べたものが既に消化されているように、2~3時間前に食事を済ませておくことがよいのです。

さらに、ヨガ直後は代謝がよくなっているため、身体が栄養をより吸収しやすくなっている状態にあります。
そのため、ヨガ直後に食事をとってしまうと、毒素を体内に蓄積しやすく、太りやすくなっているので、ヨガの後は2~3時間程度空けてから食事をとることをおすすめしますよ。

2、消化の良いものを選ぼう

ヨガ前後は、消化の良いものを摂取するように心がけましょう。

上記でご紹介した通り、ヨガの後は代謝が良くなっているため、体が栄養を吸収しやすく、太りやすくなっています。
そのため、消化に悪いものや高カロリーなものを選んでしまうと、腸内で食べたものが消化しきれず、免疫力の低下や老化を引き起こしてしまいます。
せっかくヨガをしても、その後の食事に気を付けなければ、逆効果になってしまうのです。

また、消化にいいものを選ぶことで、よりデトックスされやすくなり、免疫力を高めることができます。

消化の良いものとしては、鶏のささみや豆腐、野菜やフルーツ、麦などをおすすめします。
また、冷たいものを摂取するよりは温かいものを取り入れた方が代謝もよりアップしますよ◎

3、アルコールは避けよう

ヨガ前後の飲酒は絶対に避けましょう!

ヨガの後は血流が良くなっているため、いつも以上に酔いが回りやすくなっているうえに、疲労回復を遅らせてしまうこともあります。

ヨガで汗をかいた後、つい「ビールが飲みたい!」なんて考えてしまう人も少なくないのですが、それではヨガをした意味がありませんし、身体が悪いものをより吸収してしまい逆効果となってしまいます。

ヨガ前の飲酒ももちろんNG!アルコールを摂取してはヨガに集中できませんし、何より身体を動かす中で気分が悪くなってしまう恐れがあります。

ヨガ前後は、できるだけ常温のお水や温かい飲み物を摂取することをおすすめしますよ!

4 、時間をかけてゆっくり食べよう

ヨガの効果を最大限に得たいのであれば、時間をかけてゆっくり食べることも大切。
早食いしたり、テレビやスマホを見ながら食事をすると、満腹感が得られず、つい食べ過ぎてしまう傾向が強いです。

しかし、時間をかけてゆっくり食事をすることで、胃から腸にかけての血流がよくなり、代謝が上がります。
また、ゆっくり食べることで自ずと噛む回数が増え、エネルギーの消費量が増えたり、より満腹感を得やすくなるというメリットも得られるのです。

ヨガと効果的な食事法を取り入れることで、より代謝をアップさせ、ダイエット効果を得ることもできますよ。

作り手や自然の恵みへの感謝の気持ちを込めつつ、よく噛みながらゆっくり食事を楽しんでみることが大切です。

5、体の声と向き合おう

あなたは自分の身体の声と向き合いながら食事をしたことがありますか?

身体の声と向き合うというのは、自分の身体に栄養がいきわたっていくことを感じたり「何か異常はないか?」や「そろそろお腹いっぱいかな?」と様子をみながら食事をすることで、食べる量やペースをコントロールするということです。

そうすることで食べ過ぎを抑えることができ、食べたものの消化が早くなります。
さらに、満腹感を得やすくなり、食べる量も少なくなるというメリットが得られるのです。

スマートフォンやテレビを前に食事をするのではなく、あなたの身体と心と向き合って食事をしてみて下さいね!

6、まとめ

今回はヨガの効果を最大限に得るための食事のポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

せっかくヨガをしても、その前後の食事法を間違ってしまうと、ヨガの効果を得るどころかマイナスの効果を得てしまうことが分かりましたね。

食事もヨガの一部であり、ポーズをとることだけがヨガではありません。
今回ご紹介した内容を参考に、あなたの食事を見直し、ヨガライフを楽しんで下さいね!