KARADA NESS

からだをフィットネス

ヨガをより楽しく、快適に!ヨガマット選びの3つのポイント

ヨガマットの種類は実に様々で、どれを選べばいいかと迷ってしまう方が多いです。


なぜヨガマットの種類が悩むほど多いのかというと、目的やシーンに合わせて様々なヨガが世の中に出回っているからであり、あなたにとって最適なヨガマットを選ぶことは、ヨガを継続すること、ヨガの上達、そしてヨガを快適に楽しむことに繋がります。


そのため、ヨガマット選びはヨガをするうえでとても大切なことといえます。


そこで、今回はヨガをより楽しく、快適に行うためのヨガマット選びのポイントを3つご紹介していきます。

1、ヨガマットの基本

まず、ヨガマットの必要性について考えていきましょう。


ヨガマットなしに、カーペットや畳の上でヨガを行おうとする方がいますが、床からの身体への冷えや不快感、滑り防止等安全のために、ヨガマットは必要です。


また、ヨガは激しい動きは伴いませんが、ヨガの呼吸法とポーズによじんわりと汗をかくので、ヨガマットは汗を吸収してくれる役割も果たします。


ヨガマットの基本の役割や必要性を理解していただけたかと思いますが、ヨガマットはものにより厚さや素材が異なり、それらはあなたにとって最適なヨガマットを選ぶうえでの大切なポイントになります。


そこで、下記にてヨガマット選びのポイントを詳しくご紹介していきます。

2、ヨガマット選びの3つのポイント

ポイント(1):厚さ

ヨガマットを選ぶ際に、最初に注意したいのが厚さ。


というのも、ヨガマットの厚さは実に様々で、2㎜以下のものから7㎜以上のまでと多様。


快適さを重視して、厚みがある方がいいのか、持ち運びやすいように薄い方がいいのではと悩む方が多いです。


収納面やスタジオへの持ち運びを考えて、軽さを重視するのであれば2㎜以下の軽量のものをチョイスしたいところ。


しかし、ポーズをとった際に違和感を感じたり、あなたの身体をしっかりサポートできないのであれば意味がありません。

一般的に、アイアンガーヨガやアシュタンガヨガ、ホットヨガなどの動きのあるヨガを行う場合は3、4㎜程度のヨガマットがおすすめ。


一方、同じポーズを長く保ちながら、呼吸や瞑想に重点をおいたハタヨガ、マタニティヨガ、陰ヨガをする場合は、サポート力、そしてクッション性に優れた7㎜以上のヨガマットを選んでみましょう。


初心者さんでどのヨガを始めればいいか分からないという方は、5、6㎜のヨガマットを選んでみて下さい。


5、6㎜は人の身体をサポートするうえで適度な厚さのため、オールマイティーに様々な種類のヨガに対応していますよ!

ポイント(2):素材

ヨガマットの厚さが様々であるならば、ヨガマットの素材も多様。


こちらでは、代表的な4つの素材について説明していきます。


素材①:PVC(ポリ塩化ビニール)

とりあえずヨガを始めてみたいという方におすすめなのがPVC素材。

他の素材でできたヨガマットよりも値段が安いので、ヨガを続けるかわからないけどとりあえず試してみたいという方に最適です。


汗などでマットが濡れると滑りやすくなりますが、安価なためお試しにはぴったり。

素材②:EVA(エチレン・ビニール・アセテート)

EVAは軽量で水に強い素材。

ヨガマットを持ち歩きたいという方にはぴったり。

また、汗をかきやすい方やホットヨガに向いている素材といえます。

水で丸洗いできるのも嬉しいポイントです◎


素材③:TPE(サーモ・プラスチック・エラストマー)

ヨガ上級者から高い人気を誇るTPE。

天然ゴムに近い素材が使われているため、高いグリップ力とクッション性に長け、軽量で持ち運びやすいため、長くヨガを続けたいのであれば、おすすめの素材です。

しかし、他の素材に比べると割高のため、あなたの意志、そしてお財布と相談したうえで、選んでみてはいかがでしょうか?

素材④:天然ゴム

ヨガ上級者の中でもより上のレベルを目指す方、または今後長くヨガを続けていきたいという方に人気の天然ゴム。

グリップ力やクッション性、耐久性に優れているため、上記でご紹介した3つの素材に比べてより優れた素材といえます。

しかし、重量があるため持ち運びには適していないので、自宅ヨガや教室にマットをおいたままにできるという方におすすめですよ。

ポイント(3):デザイン

最後のポイントは、なんといってもヨガマットのデザイン。


最近では、種類、デザイン、カラー様々なヨガマットが市場には出回っています。

自分のお気に入りのデザインやカラーのマットをチョイスすれば、モチベーションも上がりますし、何よりヨガがより楽しくなりますよね。


ヨガマットの厚さや素材を考慮したうえで、その中からあなた好みのヨガマットを見つけてみてはいかがでしょうか?

3、まとめ

今回はヨガをより楽しく、快適にするためのヨガマット選びの3つのポイントをご紹介しました。


なんとなくヨガマットを選んでしまうのではなく、あなたが行うヨガの種類や予算、やる気を考慮したうえで、あなた好みのヨガマットを選んでみてはいかがでしょうか?


あなたに合ったヨガマットを選んでヨガを行えば、上達・継続にも繋がりますし、何よりヨガがより楽しく、快適になりますよ!