KARADA NESS

からだをフィットネス

ヨガが坐骨神経痛に効果的?おすすめポーズ3選とその理由

あなたは太ももやお尻にしびれや痛みを感じた経験はありませんか?


このような症状がある場合は坐骨神経痛である可能性が高く、悪化すると痛みやしびれが酷く日常生活に支障を及ぼします。


このような深刻な事態になる前に、正しいケアや予防法について知っておくことが大切。


坐骨神経痛は、老若男女問わず発症する可能性があり、特にスマホやデスクワークの影響で猫背が多い現在人は要注意!


そんな坐骨神経痛のケアや予防法に、ヨガが効果的であることはご存知でしょうか?


今回は、坐骨神経痛がヨガに効果的な理由とケアや予防に効果的なヨガのポーズを3つご紹介していきます。

1、 坐骨神経痛とは?

最近よく耳にする坐骨神経痛。聞いたことはるけど具体的にどんなもの?と疑問を抱く方が多いです。


坐骨神経痛はヘルニアなどの疾患が原因で、坐骨神経が圧迫され起きるものが多いですが、運動不足により筋肉が凝り固まっていることや姿勢が悪く腰に負担をかけていることが原因で坐骨神経痛になることも多く、普段の生活習慣が大きく関係していると言えるのです。


また、身体が重く腰に負担がかかっているという肥満体型の方も注意が必要です。


坐骨神経痛になると、足やお尻にしびれや痛みが起き、座りっぱなしの状態でいることが辛くなったり、痛くて歩けないなんてケースもあります。


坐骨神経痛になってしまうと、最悪仕事や日常生活に大きな支障をきたしてしまうのです。


そのため、坐骨神経痛にならないための予防が大切で、坐骨神経痛になってしまった場合には効果的なケアが必要なのです。


2、 なぜヨガが効果的?

坐骨神経痛がどんなものか分かったところですが、この坐骨神経痛の予防や症状緩和にヨガが効果的!


姿勢悪化などによる体の歪みが原因のひとつとして挙げられている坐骨神経痛は、ヨガを通して正しい呼吸法と姿勢を習得することで、根本から治すことを期待できるのです。


また、坐骨神経痛の予防には筋肉を鍛えたり、ほぐしたりすることはもちろん、身体を冷えから守ることが大切なのですが、ヨガを行うことで筋肉を動かしたり伸ばしたりするうえ、血流がよくなるので、代謝がアップし坐骨神経痛の予防や改善に繋がるのです。


坐骨神経痛の症状緩和や予防でヨガをするのであれば、腰やお尻、脚などの坐骨神経を圧迫する部位を伸ばすようなポーズを積極的にとることがポイントとなります。


では下記にて、具体的に坐骨神経痛に効果的なヨガのポーズを3選ご紹介していきます。


3、 おすすめポーズ3選

(1)    ガス抜きのポーズ

仰向けの状態で膝を抱き寄せる「ガス抜きのポーズ」は、骨盤を元の位置に戻してくれる効果があるのでおすすめ。


骨盤が元の位置に戻ることで歪みが改善されるので、坐骨神経痛に効果的。


脚を曲げたり伸ばしたりとストレッチ効果も高いのでおすすめです。


身体が硬く両膝を抱えられないという方は、片脚ずつ脚を胸に抱き寄せ、慣れてきたら両膝に挑戦してみて下さい。焦らず自分のペースですすめていきましょう。

(2)    上を向いた犬のポーズ

身体を大きく反らせて上を向く「上を向いた犬のポーズ」。


腰を程よく動かすうえに柔軟性を高めてくれるので、坐骨神経痛に効果的!


比較的効果が出やすいポーズのひとつともいえるので、即効性重視の方にはおすすめです。


腰を上手く反らせることができないという方は、身体の力を抜いて、ゆっくりと深い呼吸をとりながらポーズをとってみて下さい。


体も心もリラックスすると、よりスムーズにポーズがとれるようになりますよ◎

(3)    戦士のポーズ

筋肉を正しい位置に戻してくれる「戦士のポーズ」。


体幹に力を入れてポーズをとることが大切です。


慣れていないとバランスをとるのが難しく、太ももが筋肉痛になりやすいポーズでもありますが、腰やお尻の筋肉を大きく伸ばしてくれるので、坐骨神経痛に効果的。


無理せず練習を重ねることがポイントですよ。

4、 ヨガで坐骨神経痛を予防・改善しよう!

今回は坐骨神経痛にヨガが効果的な理由とおすすめのポーズを3つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?


上記でご紹介したポーズを一度行ったから症状が改善するというわけではなく、継続することで筋肉が少しずつほぐれたり、体幹が鍛えられることで、坐骨神経痛による痛みやしびれが改善されていきます。


焦らず自分のペースでヨガを行うことで、坐骨神経痛の予防と改善に努めて下さいね。